ニュース読み放題(^^)/まとめ

最新のホットなニュースまとめて発信~
芸能・スポーツ・お笑い・社会・災害などつっこんでいきます!

    カテゴリ:芸能ニュース > お笑い芸人


    【祝】エガちゃんねるがYouTube登録者数100万人突破~~~


    江頭 2:50(えがしら にじごじゅっぷん、本名:江頭 秀晴(えがしら ひではる)、1965年7月1日 - )は、日本のお笑いタレント、YouTuber。芸能事務所大川興業の所属にして同社の筆頭株主であり、かつ同社の前総裁でもある(現総裁は大川豊)。愛称はエガちゃん、エガ。
    65キロバイト (9,130 語) - 2020年2月9日 (日) 07:16



    エガちゃんおめでとう(笑)
    あまりの喜びに「草なぎ、突破したぜ!!」の雄叫び~~~
    確かに9日と驚異的なスピードには脱帽(笑)
    再生回数も1000万回を超えている。
    世界に通じる芸?

    【【祝】エガちゃんねるがYouTube登録者数100万人突破~~~】の続きを読む


    【恫喝動画】ビートたけしが再婚したがイメージ悪いよね


    ツービート(英: TWO BEAT)は、ビートきよし(本名:兼子二郎)とビートたけし(本名:北野武)の2人による漫才コンビ。1972年結成。きよしはたけしを「相棒(あーいぼう)」と呼び、たけしはきよしを「ビートきよしさん」もしくは「兼子さん」と呼んでいる。 元々、浅草の通称「公園六区」にあったスト
    28キロバイト (3,978 語) - 2020年1月2日 (木) 07:37



    18歳下のビジネスパートナー
    40年近く連れ添った前妻とは好き放題した上に最後は協議離婚
    本人は「年取って結婚しちゃいけねえのか!」とのたまっているが、別にええけど(笑)
    長年の不倫の末の「男のけじめだ!」なんて言っても説得力ないよな。
    もうテレビでは見たくないだけだけどね~

    【【恫喝動画】ビートたけしが再婚したがイメージ悪いよね】の続きを読む


    【動画】島田紳助の優雅な芸能界引退後の生活


    島田 紳助・松本 竜介(しまだ しんすけ・まつもと りゅうすけ)は、かつて存在した日本の漫才コンビ。昭和時代の末期に活動した。略称「紳助・竜介」(しんすけ・りゅうすけ)または「紳竜」(しんりゅう)。所属事務所は吉本興業。1980年代前半の漫才ブームを牽引したコンビのひとつ。 詳細は各項目を参照。 島田
    12キロバイト (1,483 語) - 2017年12月11日 (月) 09:48



    上沼恵美子さんつくづくとサラリーマンに例えて
    「定年退職して1年、2年はいいんです。絵を描いたり陶芸やったり。毎日ゴルフしても楽しくない。オンがあってオフがあるから楽しいと思っていたんです」
    当の島田氏YouTubeで充実したリタイア生活を満喫
    「釣りや筋トレをして健全な日々を過ごしている」
    「ストレスも下痢もない」
    そりゃお金があれば気も楽だ(笑)

    【【動画】島田紳助の優雅な芸能界引退後の生活】の続きを読む


    【悲】フジモンがやっぱり離婚になった~


    木下優樹菜 (ユッキーナからのリダイレクト)
    ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本のタレント、ファッションモデル。期間限定ユニットPaboおよびアラジンの元メンバー。本名は藤本優樹菜。木下は旧姓。愛称はユッキーナ。 東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクション所属。夫はFUJIWARAの藤本敏史。 葛飾区立葛美中学校卒業。渋谷高等学院修了。 中華料理屋を営む家に、3人姉妹の三女として生まれた。
    26キロバイト (3,299 語) - 2019年12月4日 (水) 13:23



    ユッキーナのタピオカ騒動が決定的だったのか?
    1年ほど前からマンション内別居していた。
    おしどり夫婦だと思っていたのに以外な結末だね

    【【悲】フジモンがやっぱり離婚になった~】の続きを読む


    上沼恵美子のM1審査に変化~


    両組司会は2年連続で上沼恵美子・古舘伊知郎が担当。総合司会は宮本隆治・草野満代が務めた(男女1人ずつによる総合司会の2人体制は史上初)。 古舘の白組司会続投は早々に決定したが、前回紅組司会を務め好評だった上沼はこの年初頭の時点で「あぁ、ほんとしんどかった。もう(紅
    24キロバイト (2,903 語) - 2019年12月21日 (土) 11:47



    去年のこともあったので今年はなんとも大人な発言が目立った。
    本来彼女の売りは鋭い毒舌(笑)
    しかし今年は、各演者の良いところを評価する姿勢が目立った。
    やはりただものではい!!!
    高感度アップ間違いなしの大人の対応でした(笑)

    【上沼恵美子のM1審査に変化~】の続きを読む

    このページのトップヘ