【朗報】ハリウッドが注目する日本人監督


37 Seconds』、『37セカンズ』(サーティセブンセカンズ)は、2020年2月7日に公開された日米合作映画。監督はHIKARI、主演は佳山明が務めた。出生時に37秒間呼吸が止まったことで脳性麻痺となった女性が、母親の過剰な干渉に悩みながらも一人の人間として成長していく過程を描く。第69回ベル
4キロバイト (372 語) - 2020年2月8日 (土) 05:36



第69回ベルリン国際映画祭パノラマ部門で最高賞
国際アートシアター連盟賞
ダブル受賞したあの映画「37セカンズ」のHIKARI監督~~~
大阪出身なのだ~




<関連する記事>



ハリウッドからオファー殺到の日本人監督、初長編映画の公開に感涙 ハリウッドからオファー殺到の日本人監督、初長編映画の公開に感涙
…ターを織り込みながら、HIKARI監督がすでに出来上がっていた脚本を大幅に書き換えて完成させた。 壇上に立ったHIKARI監督は「今日と同じ、昨年の2…
(出典:映画(シネマトゥデイ))

<関連する画像>




(出典 cinemore.jp)

<ツイッターの反応>


Hard-boiled
@Peaceful_King

暖かい光に包まれた人達はとても優しく見えるのでした。見えているものに変化を与えるHIKARI監督。素敵な映画をありがとう。#37Seconds

2020-02-08 07:42:12

(出典 @Peaceful_King)