【笑】ゴーンさん初会見は上機嫌だった


カルロス・ゴーン(Carlos Ghosn、1954年3月9日 - )は、ブラジル出身の実業家。2004年に藍綬褒章を受章。ルノー、日産自動車、三菱自動車工業の株式の相互保有を含む戦略的パートナーシップを統括する「ルノー・日産・三菱アライアンス」の社長兼最高経営責任者(CEO)を務めていたが、20
70キロバイト (8,497 語) - 2020年1月8日 (水) 04:16



内容的には日産幹部に対してと検察への個人批判に終始
自ら招待したメティアも100人以上だが、レバノン・フランス・アメリカからが大半。会見中にはレバノンの記者から拍手もでて笑顔で対応~~~
しかし自分が行った、金にあかして違法出国したことは忘れているようだ(笑)




<関連する記事>



「抽象的」「期待外れ」 識者から厳しい声も ゴーン被告記者会見
…が多かった。逃亡までする理由を納得した人はいるだろうか」と首をかしげる。ゴーン被告は長期にわたる公判手続きへの不満をあらわにしたが、「難しい経済事件で…
(出典:社会(時事通信))

<関連する画像>




(出典 biz-journal.jp)

<ツイッターの反応>


senノ利休
@sen_chimu

ゴーンさんの「私は逮捕されるべきでなかった」は、この人すごいわ…、と逆に感心したよ。さすが箱に隠れて逃亡するだけあるよね、全て正当化。自己肯定が高すぎてダメな例。

2020-01-09 04:14:09

(出典 @sen_chimu)

遊山直奇 ゆうやまなおき
@youyama

ゴーン「クリスマスも新年も一人だった。私の人権と尊厳を奪われる事態だった」ゴーンにリストラされた、人権と尊厳を奪われた数万人のなかには、クリスマスも新年も迎えられない人たちもいたんだよね。

2020-01-09 04:14:03

(出典 @youyama)