【謎】和牛がM1敗因語る


で同じ審査員(松本人志)から票を得るも優勝経験が無い初のコンビとなった。 今大会終了後に「GYAO!」で配信された「M-1グランプリ2018 世界最速大反省会」に生出演した際、水田は今大会の漢字一字を問われると「『輪』。輪廻です。生まれ変わらないと優勝できない。生まれ変わって相方(川西)と漫才をして
54キロバイト (7,865 語) - 2019年12月23日 (月) 00:39



まさかの敗者復活で上がった決勝だったが、4位で終わり今年も優勝を逃した。
番組放送後に「GYAO!」の「世界最速大反省会」で
敗因を分析
それはピンク色の、(メーカーが)チャンピオンのパーカーだった(笑)
「チャンピオン」にかけたのだが、数年前にスーパーマラドーナの田中が、同じようなの着て負けていることを忘れていたことだった~~~




<関連する記事>



審査員で振り返る令和初の『M-1』 今年も上沼恵美子“劇場”健在&松本人志がうなる「過去最高って言っても…」 審査員で振り返る令和初の『M-1』 今年も上沼恵美子“劇場”健在&松本人志がうなる「過去最高って言っても…」
「ファンです。初々しいね。和牛には悪いんだけど、去年もその前も私は和牛に入れました。でも、なんかそういう横柄な感じが和牛に対してしました。このステー…
(出典:エンタメ総合(オリコン))

<関連する画像>




(出典 img.jisin.jp)

<関連する動画>



<ツイッターの反応>


an
@an05421993

@wagyunomizuta お疲れ様でした!私の大好きな和牛さんの漫才をテレビで見て、家族が大笑いしているのがすごく嬉しかったですいつも沢山笑わせてくれてありがとうございます!!これからもずっと応援してます!!!

2019-12-23 00:51:06

(出典 @an05421993)

げんぼ ゆうたろう
@GeeeeNbo

「横柄な感じが、和牛に対して感じました。なんかこのステージは僕のもの、リサイタル!緊張感もなんにもない、そういうぞんざいなものを感じました。 からし蓮根は初々しいものを感じ、フレッシュだし、必死さ、てっぺんを取ろうという気持ちがギュッと伝わってきて、私は大フアンよ! ガンバレ!

2019-12-23 00:51:01

(出典 @GeeeeNbo)

myrowka
@my_rowka

かまいたちはM-1では封印傾向にあった山内のサイコキャラを解禁しても取れなかったのは痛い。来年以降は和牛パターンになりそうな予感。ぺこぱはそもそもM-1取れる漫才じゃないから最終決戦にいけただけで奇跡。上沼姉さんのおかげ。ありがと… https://t.co/7OdGIyL6zh

2019-12-23 00:50:56

(出典 @my_rowka)