【訃報】アンナカリーナさんが死去


女は女である』(おんなおんなである、Une femme est une femme)、1961年(昭和36年)製作・公開、ジャン=リュック・ゴダール監督によるフランス・イタリア合作の長篇劇映画である。 ゴダールの長篇劇映画第3作である。女優のジュヌヴィエーヴ・クリュニーの話をもとにゴダールが
12キロバイト (1,147 語) - 2018年12月17日 (月) 07:39



がんのためパリの病院でお亡くなりに79歳でした。

10代の頃、女優になることを夢見て故郷のデンマークからヒッチハイクでパリに行き、モデルとして成功を収め、シャンゼリゼ通りを歩いている時に、ゴダール監督に見いだされて始まった俳優人生だったが、ご冥福をお祈りいたします。




<関連する記事>



仏女優のアンナ・カリーナさん死去…「気狂いピエロ」などゴダール作品に出演
AFP通信によると、フランスの女優のアンナ・カリーナさんが14日、がんのためパリの病院で死去した。79歳だった。 デンマーク・コペンハーゲン出身。1…
(出典:エンタメ総合(読売新聞オンライン))

<関連する画像>




(出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)

<関連する動画>



<ツイッターの反応>


ねりー
@littlenellt

アンナカリーナ、憧れたなぁ好きです

2019-12-16 09:01:13

(出典 @littlenellt)

saki
@JnAnthlm

ドヌーブもあの貫禄が好きだけど、ジェーンバーキンは、うーん好きじゃないかもだけど、アンナカリーナは好き。

2019-12-16 08:51:54

(出典 @JnAnthlm)